ジャニーズ

横山裕の高校を調査!中卒で高校認定試験を受けた?中学校や小学校も

関ジャニ∞の横山裕さん。

バラエティー番組での楽しいトークだけでなく、役者としてコミカルな役からシリアスな役まで演じる多彩な人として数々の映画やドラマに出演しています。

クールなルックスがインテリっぽくも感じる横山さんですが、高校や中学、小学校はどこなのか、横山さんの生い立ちを含めてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

横山裕の高校はどこ?高校認定試験についても調査!

横山裕さんの高校について調べていくと、横山さんの壮絶な生い立ちを知ることになります。

横山裕さんの高校は「大阪府 西野田工業高校」です。

全日制ではなく、定時制課程に通っていました。

しかし、横山裕さんは高校を中退しています。

その理由については、横山裕さんの家庭環境にあったようです。

横山裕さんの両親は横山さんが幼少期に離婚しており、母親が親権を持ちましたがすぐに祖父母の家に預けられていました。

 

その後、祖父が亡くなったことで、当時再婚していた母親と継父と暮らすことになったのですが、継父から横山裕さんは高校進学を反対され、すぐに働くよう言われていたそうです。

横山裕さんの家庭に継父が登場したことにより、簡単に高校生活をするような環境ではなかったことが想像できます。

横山裕さんは中学3年生の時、ジャニーズ事務所に入所し、高校進学については、全日制の高校を受験しようとしました。

しかし、受験予定日に当時の社長だった故ジャニー喜多川氏に「予定がなかったら一緒にハワイに来るか?」と言われ、横山裕さんは受験の予定があったことを隠してハワイに行ったそう。

その後、帰国してから横山裕さんは、西野田工業高校の定時制課程を受験したそうです。

そして、横山裕さんは高校進学と共に建設会社に就職しました。

その後、ジュニアとして多忙を極めた横山裕さんは建設会社を半年ほどで退職し、高校も1年ほどで中退しています。

 

横山裕さんは高校中退という状況でしたが、ジュニア時代の大活躍からの関ジャニ∞デビューでずっと多忙な日々を送っていきました。

そんな横山さんの人生に転機が訪れます。

2016年にバラエティー番組「関ジャニ∞の仕分け」でメンバーの大倉忠義さんと一緒に高卒認定試験を受験。

横山裕さんは、見事高卒認定試験に合格しました!

努力家の横山裕さんは、高卒認定試験を受験するにあたり、多忙な仕事の傍らで231時間も勉強したとのこと。

努力を重ね、高卒資格を取得しました^^

スポンサーリンク

横山裕の中学校と小学校も調査!中卒についても

続いて、横山裕さんの中学校と小学校を調べて行きます。

横山裕さんの出身中学校ですが「大阪市立此花中学校」ということが判明。

 

横山裕さんは、中学時代はバスケット部に所属しており、主力選手として活躍しました。

その一方で、家計が苦しかったことから中学時代からアルバイトをしています。

中学3年生の時、母親がジャニーズ事務所に履歴書を送り、オーディションに1度は落選しましたがその後前社長であるジャニー喜多川氏の目に留まり入所を果たしました。

入所してすぐにバラエティー番組のレギュラーに抜擢されるなど、その後の華々しいアイドル人生のスタートを切ったのが中学時代です。

そして、横山裕さんの出身小学校は「大阪市立高見小学校」でした。

横山裕さんは、小学校時代を祖父母の家で過ごしています。

5歳で横山裕さんの両親が離婚。

横山裕さんの母親が親権を持ちましたが、母一人で育てることの不安や経済的な問題もあったのか、すぐに祖父母に預けられていました。

 

その後、祖父が亡くなったことで再婚していた母と継父、新しく生まれた弟2人と一緒の生活が始まります。

 

実の子ではなかった横山裕さんに対して継父は暴力をふるっていたとのこと。

横山裕さんにとっての子供時代は、決して幸せなものではなかったようです。

複雑な家庭に育ち、辛い経験をし、それでもこうして私達を楽しませてくれる横山裕さんは本当に素晴らしいアイドルですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は関ジャニ∞・横山裕さんの高校や高卒認定資格、出身中学校・小学校について調査しました。

激動の人生の中でも道をそれることなく突き進んできた横山さん。

そんな横山さんの人生の転機は間違いなく中学生の時に入ったジャニーズ事務所でした。

建設会社との掛け持ちをしながら、レッスンやレギュラー番組をこなし、仲間と共にデビューを果たし、今や押しも押されもせぬトップスターです。

多忙の中、志半ばで横山裕さんは高校を中退しましたが、その後番組の企画で高卒認定試験に向け勉強をし、見事合格。

並大抵の努力ではないでしょう。

沢山の努力を重ね、輝き続ける横山裕さんに、これからもエールを送り続けたいと思います。